Product

ブレーキパッドの取り扱い・鳴き解消方法

ブレーキパッド交換の重要性

ブレーキパッドは、使用とともに摩擦材が摩耗してゆき、規定以上に摩耗した状態では、急速に摩耗が進行して制動力の低下を招くばかりでなく、ディスクローターやブレーキドラムに損傷を与えることがあります。

定期的な点検はもちろんですが、効きが悪くなったなど、なにか変化を感じた時には、ブレーキの状態を確認し、早めの交換をおすすめします。

ブレーキパッドの交換目安の基準

ドライバーのブレーキの使い方、走行条件によって、パッドの減り方は大きく変わります。2万km走行したら、整備工場での点検をお勧め致します。

パッドの残厚が5ミリ以下になったら、摩擦材の温度が上がりやすくなって、同じ走行距離数でも 新品時より早く減ります。よって、5ミリでのパッド交換をお願い致します。2ミリ以下になると大変危険な状態になります。早め早めの交換が大切です。

ブレーキパッドの寿命

安全:10mm 交換:5mm 危険:2mm
10mm 5mm 2mm

ブレーキパッドの交換が遅れると

摩擦材が無くなり鉄板部とローターが接触。ローターも傷ついている。 薄くなったパッドがブラケット内から飛び出し、ローターと擦れてヨークが傷んだキャリパ。

ローターや、キャリパー交換も必要になり、余計な費用がかかります。
何より大変危険です。

簡単な鳴きの仕組みの説明

ブレーキをかけた時、パッドがローターを両側から挟みこみ減速、停止をします。この時にパッドの摩擦材とローターとの間で、摩擦振動が発生します。

この振動がピストン、キャリパー、サスペンション、ホイールなどで共振、共鳴して大きくなり鳴きが発生します。また、パッドの材質、ローター、キャリパーの状態、天候、気温、自動車の速度など様々な条件が重なり合って発生する事もあります。

ブレーキパッドの交換方法

*ブレーキは重要保安部品です。交換後はブレーキが確実に動作することを確認してください。
*整備資格者 整備工場にて交換する事をお勧めします。