RD

研究開発

製品設計

テーマ:「カバー率アップ(開発スピード)とコストの追求」

50年を超える我社の経験に基づく独自のリサーチとデータベースを活用したEV手法により、日本車、韓国車を主体に高いカバー率と共に、安価で高い信頼性を誇る製品開発を行っています。

特に群を抜くカバー率は、我社独自の設計思想に基づき設計された製品で多くのユーザーからの信頼を得ています。

設計に当たっては、各種製品情報(キャリパー&バックプレートetc)金型知識(ブランキング&成形)、一般製法に精通したスタッフが担当し、設計品質の向上に努めています。

摩擦材開発

テーマ:「性能の追求と環境負荷の低減」

多種類の原材料を、長年の蓄積した情報と品質工学などを使い、適切な割合で配合し、車種・用途・市場状況などの要求に合わせ、効き・寿命・鳴き・振動・相手材の攻撃性等の性能を追求した摩擦材の開発を行っています。

また、摩擦材に使用する原材料は、ELV、REACHなどの環境規制に対応した、環境負荷の少ないものを選定しています。

 

生産設備

テーマ:「競争力のある生産体制の構築」

  • お客様に安心してお使い頂ける製品を提供する為、成形用金型から生産用の設備に到るまで自社で開発、設計、生産をしています。
  • 生産工程では自動化により、作業の効率化と作業者の負担軽減の実現。
  • 海外工場にも設備を納入している事で、グローバルな生産ラインの構築を実現。

製品設計、摩擦材開発、生産設備各チームが一丸となって当社ブランド製品ご利用のお客様は勿論のこと国内外のOES,OEM先のお客様にもご満足頂く製品を安定供給しております。